ACCESS

よくあるご質問

HOME  >   よくあるご質問

よくあるご質問

Q1. 高所作業車と高所作業台の違いはなんですか?

高所作業車は作業用バスケット(作業床)が2m以上の高さに上昇出来る能力を持ち、昇降装置、走行装置等により構成され、不特定の場所に動力を用いて自走できる機械である事が、安衛令第10条4項等に規程されています。
従って高所作業車並みの性能を持ち合わせていても、自走能力のない機械は高所作業台という位置づけになります。
又、組立式の足場(単管足場・ローリングタワー・等)も高所作業台に分類され、足場の組立、解体、変更の作業に就く際は特別教育の修了が必須となります。(平成29年6月30日までは経過措置があります)

Q2. 運転資格は必要ですか?

高所作業車の運転には資格が必要です。高所作業車の能力に応じてその運転資格も変わってきます。

●作業床の高さが10m未満の高所作業車

高所作業車の運転の業務に係る特別教育(安衛則第36条第10号の5)
学科6時間 実技3時間(民間の教習機関でも受講可)

※特別教育講習は弊社でも行っております。(ご購入のお客様対象の有料サービス) お気軽にお問合せ下さい。

●作業床の高さが10m以上の高所作業車

高所作業車運転技能講習(安衛則第83条、高所作業車運転技能講習規程)
学科11時間 実技6時間(民間の教習機関でも受講可)

※高所作業台の使用に当たっては、資格・免許の必要はありません。

Q3. 法定点検は必要ですか?

高所作業車には年1回の特定自主検査(年次点検)の実施が法令で義務付けられています。(安衛法第45条)
点検資格を持った専門業者が作業車の保管場所に伺い、1回あたり数時間の点検を実施します。
又、高所作業台には年次点検の義務付けはありませんが、自走能力が無い事以外は高所作業車と仕組みは同じです。
(社)仮設工業会でも高所作業台の年次点検を使用基準の中で定めています。
当社では安全第一、人命第一を考え、高所作業台の年次点検サービスを積極的に行っております。

Q4. レンタル品はありますか?

当社ではレンタル品の取り扱いは行っておりません。全て販売商品となります。

Q5. 中古車はありますか?

基本的に取扱いはありません。しかし当社製品のユーザー様などより、お買い替えの為に機械を下取るケースがまれにあります。
入念な点検整備の後に再販が可能である事確認できれば、中古品としてご紹介させて頂く事があります。従って中古品の常備はしておりません。

Q6. 修理依頼や部品の購入はどうすれば良いですか?

ご使用中の機械に何らかの不具合があった場合はすぐにご使用を中止し、異常箇所の確認をして下さい。
マニュアル等を参照しても原因が分からない場合は、㈱アクセス(TEL 047-481-8721)までご連絡下さい。
むやみに分解や改造をする事は大変に危険な行為です。必ずサービスマンの修理、点検を受けて下さい。
軽微な部品(各種キャップ類、鍵、フューズ、など、ご自分で交換可能な物)であれば、郵送、宅配でお届けさせて頂きます。
又、それ以外の専門的技術が必要となる部品交換では弊社サービスマンが現地に伺い、交換修理をさせて頂きますので、
何なりとお問合せ下さい。(事前の修理見積もりも承っております)

Q7. 日常点検での注意点は?

A.
まずオイルリーク(漏れ)が無いかを確認して下さい。 目視でオイルのにじみなどがないかを確認します。次に機械が置いてある場所から移動させ機械のあった場所の床に油溜まりなどがないかを確認します。もしオイルリークが発見された場合は機械の性能に影響を及ぼすだけでなくその量によっては搭乗者の危険にも繋がる可能性があるので使用を中止し、速やかに修理依頼をして下さい。

B.
動力にバッテリーを使用する機械では、バッテリーが十分に充電をされているかを確認します。
又、週に一度はバッテリー液の液量を確認し、適正な量に達しているかを確認し、足りなければ補充して下さい。
液量不足の状態で使用を続けると、バッテリーを痛め、寿命を短くしてしまいますので、必ず励行して下さい。

C.
各部を固定しているボルトナット類のゆるみやがたつきがないのかを確認し、もし、緩みがある場合はしっかりと増し締めをして下さい。
又、普段は見られない振動や異音を感じた場合も、一度使用を中止してその原因を取り除いて下さい。

D.
安全装置の作動状況をチェックして下さい。
アウトリガーインターロック装置、緊急停止装置、緊急降下装置、過積載警報、傾斜警報、警音器、等が正常に作動する事を確認して下さい。

個人情報保護方針 サイトマップ Copyright © access 2016 All Rights Reserved.